内科・外科 くわたクリニック

診療案内

診療科目

内科・外科

気になる症状をクリックしてください。

01
のどがいたい

ウイルスまたは細菌感染症などの可能性があります。

検査
血液検査、ウイルス抗原検査、PCR検査などを実施します。
治療
薬の内服、注射、または点滴を行います。
のどがいたい
02
せきがでる

咳が出始めてから3週間以内:ウイルスまたは細菌感染、感冒など。
3週間~8週間続く場合:感冒、逆流性食道炎など。
8週間以上:慢性気管支炎、肺炎、心不全、結核、肺がんなど。

検査
血液検査、心電図、心エコー、胸部CTなどを実施します。
治療
薬の内服、注射、または点滴を行います。手術や入院が必要となる場合は、適切な病院をご紹介致します。
せきがでる
03
あたまがいたい

緊張性頭痛、片頭痛、髄膜炎、脳出血などの可能性があります。

検査
頭部CT、血液検査などを実施します。
治療
薬の内服、注射、または点滴を行います。手術や入院が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
あたまがいたい
04
さむけがする、ねつがある

感染症、自己免疫疾患などが考えられます。

検査
血液検査、胸腹部CTなどを実施します。
治療
薬の内服、注射、または点滴を行います。手術や入院が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
さむけがする、ねつがある
05
めまいがする

良性発作性頭位性眩暈、脳梗塞、過換気症候群などが考えられます。

検査
神経学的診察、頭部CTなどを実施します。
治療
薬の内服、または注射、または点滴を行います。入院が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
めまいがする
06
ふらふらする(浮遊感)

不整脈、起立性低血圧、一過性脳虚血発作、脳梗塞などが考えられます。

検査
心電図、心エコー、頭部CTなどの検査を行います。
治療
主に薬物療法を実施します。初期の脳梗塞が見つかれば、血管内治療が可能な適切な病院(脳神経外科)をご紹介致します。
ふらふらする
07
むねがどきどきする

不整脈、洞性頻脈、心因などが考えられます。

検査
心電図、心エコーなどを行います。
治療
基本的に薬物療法(注射、点滴、内服)です。薬剤でコントロールできない時は、アブレーション療法が可能な適切な病院をご紹介致します。
むねがどきどきする
08
むねがいたい

虚血性心疾患、大動脈解離、肺血栓、気胸、胃十二指腸穿孔、肋間神経痛などが、考えられます。

検査
心電図、心エコー、CT、血液検査などを実施します。
治療
主に注射、点滴、内服などですが、心筋梗塞、大動脈解離、肺血栓、消化管穿孔では、手術や入院が必要となるため、これらの疾患に対応可能な病院をご紹介致します。
むねがいたい
09
いきがくるしい

喘息、心不全、肺塞栓、気管支炎などが、考えられます。

検査
心電図、血液検査、胸部CTなどを行います。
治療
薬物治療が中心ですが、入院・手術が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
いきがくるしい
10
あしがはれている

心不全、腎炎、肝硬変、静脈瘤などが考えられます。

検査
血液検査、心電図、心エコー、CT撮影を行います。
治療
薬物治療、または手術が主体となります。
あしがはれている
11
おなかがいたい

右上腹部・・・胆のう炎、十二指腸潰瘍、膵炎など

右下腹部・・・虫垂炎、異所性妊娠、大動脈瘤など

左上腹部・・・胃炎、膵炎、狭心症など

左下腹部・・・腸炎、骨盤内炎症症候群、ヘルニアなどが、可能性として考えられます。

検査
血液検査、エコー、CT、心電図、内視鏡などを行います。
治療
薬物治療、手術治療などを行います。入院加療が必要な時は、適切な病院をご紹介致します。
おなかがいたい
12
はきけがする

脳卒中、狭心症、胆のう炎、腸閉そく、卵巣捻転、緑内障などの疑いがあります。

検査
血液検査、エコー、CT検査などを実施します。
治療
薬物治療、手術治療などを行います。入院加療が必要な時は、適切な病院をご紹介致します。
はきけがする
13
げり

ウイルス性胃腸炎、細菌性腸炎、過敏性大腸炎、潰瘍性大腸炎、大腸がんなどが考えられます。

検査
血液検査、場合によっては、CT検査を実施します。
治療
薬物治療が中心ですが、場合によっては、手術・入院加療が必要となるため、その場合は、適切な病院をご紹介致します。
げり
14
口から血が出る

食道・胃・十二指腸粘膜の病変、食道静脈瘤(肝硬変)出血、脳出血、鼻出血、喀血、などが考えられます。

検査
血液検査、内視鏡検査、CT検査などを実施します。
治療
薬剤点滴、輸血、緊急内視鏡治療、血管内塞栓術などを行います。入院が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
口から血が出る
15
おしりから血が出る

痔、大腸憩室、虚血性腸炎、感染性腸炎、腸重責、大腸がんなど

検査
血液検査、CT検査、内視鏡検査を実施致します。
治療
薬剤点滴、緊急内視鏡治療を行います。手術や入院加療が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
おしりから血が出る
16
こしがいたい

ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、圧迫骨折、尿路結石、大動脈解離、急性膵炎、腎盂腎炎などが考えられます。

検査
単純レントゲン、CT検査、血液検査、エコー検査などを実施致します。
治療
薬物治療が主体となりますが、入院や手術が必要となる場合は、適切な病院をご紹介致します。
こしがいたい
17
おしっこに血がまじる

尿路結石、膀胱炎、尿路感染症、糸球体腎炎、膀胱がんなどが考えられます。

検査
尿検査、血液検査、CT検査
治療
薬剤の内服、または点滴が主体となりますが、手術治療が必要となる場合もあります。入院加療が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
おしっこに血がまじる
18
いたいところがある

感染症(蜂窩織炎、ヘルペスウイルス感染症、壊死性筋膜炎など)、外傷、神経痛などが考えられます。

検査
血液検査、単純レントゲン、CT検査を実施致します。
治療
薬物療法、または手術療法を実施します。入院加療が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
いたいところがある
19
だるい、ちからがはいらない

脳梗塞、脳出血、頚椎病変、末梢神経障害、ギランバレー症候群、周期性四肢麻痺、重症筋無力症などが、考えられます。

検査
CT検査、MRI検査、血液検査、脳脊髄液検査などを実施します。
治療
薬物療法が主体となりますが、手術療法(脳血管内治療など)が必要となることもあります。入院加療が必要となる場合は、適切な病院をご紹介致します。
だるい、ちからがはいらない
20
ぜんしんがふるえる

てんかん、低血糖、電解質異常、脳炎、心室細動などが考えられます。

検査
血液検査、CT検査、心電図などを実施致します。
治療
薬剤点滴、除細動などを実施します。入院加療が必要な場合は、適切な病院をご紹介致します。
ぜんしんがふるえる
21
けがをした

けがによっては、出血性ショック、感染症に注意する必要があります。

検査
血液検査、単純レントゲン、或いはCT検査を実施します。
治療
局所麻酔下に、切開・縫合を行います。骨折があれば、ギブス固定を実施します。その後、薬剤を処方します。入院加療が必要となる場合は、適切な病院をご紹介致します。
けがをした
22
ちゅうどくになった

各種化学物質・薬剤・毒物による中毒

検査
血液検査、尿検査を実施します。
治療
胃洗浄、薬剤点滴、または薬剤内服を実施します。入院加療が必要となる場合は、適切な病院をご紹介致します。
ちゅうどくになった
23
しっしんがある

感染症、薬疹、アレルギー、出血などが、考えられます。

検査
血液検査を行います。難治性の場合は、皮膚生検を行い、病理学的診断を実施します。
治療
基本的に軟膏塗布、薬剤投与を行いますが、難治な場合は、外科的切除などを実施します。
しっしんがある
24
よくきをうしなう

不整脈、低血圧、自立神経異常、てんかん、脳虚血などが、考えられます。

検査
心電図、エコー検査、CT検査、MRI検査などを実施します。
治療
薬物治療、ペースメーカー装着などを実施致します。入院加療が必要となる場合は、適切な病院をご紹介致します。
よくきをうしなう
25
いしきがない

低血糖、脳炎、脳出血、脳梗塞、低酸素血症、中毒、頭部外傷、ショック、けいれんなどが、考えられます。

検査
尿・血液検査、CT検査、MRI検査
治療
薬物療法、または手術療法を実施します。入院加療が必要な時は、適切な病院をご紹介致します。
いしきがない

救急対応

当院の診療時間内であれば、救急対応も可能です。
症状が重く、入院・手術が必要と診断した場合は、適切な病院を紹介します。
ただし、症状が重いと感じる場合は、すぐに救急車を呼んでください。

救急対応

往診

当院では、往診にも対応しています。
通院ができなくなってしまった、通うのが難しい方は、当院までご相談ください。

往診

連携機関